「北斗の拳 転生の章 運命の輪廻」

「北斗の拳 転生の章 運命の輪廻」

【新台】北斗の拳転生の章|天井解析、導入前の評判とか : パチパチマニアックス

北斗の拳 転生の章』は、北斗シリーズの新たなる進化を示す、待望の最新作だ。本作は、原作のストーリーを踏襲しつつも、新たな要素やシステムを取り入れ、ファンを驚かせてくれる。開発陣は、シリーズの伝統を重んじつつも、現代のゲーム市場に適応させる巧妙な手腕を見せている。

まず、ゲームの本来の意図について触れてみよう。『北斗の拳 転生の章』は、プレイヤーに原作の興奮と感動を味わってもらうことを一番の目的としている。ゲーム内のストーリーは、原作を忠実に再現しつつも、新しいキャラクターやエピソードを織り交ぜ、予測不能な展開がプレイヤーを引き込む。これにより、新規プレイヤーと長年のファンの両者が共に楽しめる構造となっている。

ゲームの特徴として挙げられるのは、そのグラフィックと戦闘システムの進化だろう。従来の2D画面から一新された3Dグラフィックは、キャラクターや背景のディテールが格段に向上しており、臨場感ある戦闘が楽しめる。戦闘システムもアップデートされ、よりスムーズで戦略的なバトルが展開される。特に、北斗の拳の必殺技を駆使した派手なアクションは、プレイヤーを引き込む一因となっている。

ゲームプレイにおいては、多彩なモードとクエストが用意されており、単調さを感じさせない工夫が凝らされている。シングルプレイヤーモードでは、原作のエピソードを追体験できるだけでなく、オリジナルストーリーも展開され、プレイヤーを飽きさせない工夫が感じられる。また、マルチプレイヤーモードでは他のプレイヤーと協力して強敵に挑むことができ、コミュニケーションを深める一助となっている。

ヒントとコツに関しては、戦闘においてはキャラクターの組み合わせと連携が重要だ。北斗の拳キャラクターたちはそれぞれ異なるスキルや特性を持っており、うまく組み合わせることで強力な連携技が発動する。敵の属性や特性に応じて、適切なキャラクターを選択し、戦術を練ることが戦闘での成功の鍵となる。また、定期的なアップデートやイベント参加によって手に入るアイテムやキャラクターも活用し、戦力を強化することをお勧めする。

総じて『北斗の拳 転生の章』は、シリーズの伝統を踏まえつつ、新しい要素を取り入れて進化した作品と言える。原作ファンにとっては懐かしさと新しさが共存し、新規プレイヤーにとっては魅力的なキャラクターやストーリーに触れる絶好の機会となっている。開発陣の熱意が伝わる手の込んだ作り込みと、洗練されたゲームプレイは、多くのゲーマーに満足感をもたらすことだろう。

「北斗の拳 転生の章 再生の奇跡」

北斗の拳 転生の章 リセット設定6 パチスロ名機 北斗之拳hokutonoken - YouTube

機種情報

メーカー
サミー
タイプ
5号機,AT,チャンスゾーン,天井,変則押し禁止,1Gあたり約2.8枚増加
ボーナス仕様
闘神演舞 1セット40ゲーム
SPバトル  1セット15ゲーム
CZ「天破の刻」
7or14or21ゲーム継続する、あべし上乗せゾーン。
AT「闘神演舞」
1セット40G・1ゲーム約2.8枚純増のATで、継続システムは継続抽選型。消化中に獲得できる「勝舞魂」の数だけ、継続抽選を受けられる。
AT中「百裂乱舞」
1セット7ゲームの「勝舞魂」上乗せゾーン。消化中は毎ゲーム約1/1.1で「勝舞魂」の上乗せ抽選が行われる。
神拳勝舞
AT1セット終了後に突入するAT継続バトル。毎ゲームAT継続抽選が行われ、AT中に獲得した「勝舞魂」の数だけ継続する。
SPバトル
1セット15ゲームのATで、継続システムは継続抽選型。液晶演出では、初代「パチスロ北斗の拳」のバトルボーナスを再現しており、ケンシロウが倒れない限り継続する。継続率は、77.7~90.0%。

台紹介

漫画およびテレビアニメ「北斗の拳」とのタイアップパチスロ第7弾。

基本仕様は1セット40G・1ゲーム約2.8枚純増のAT機で、継続システムは継続抽選型。

通常時のAT突入契機はゲーム数解除がメインで、ゲーム数解除は「あべしステム」を採用。基本的に1ゲーム1あべしを獲得でき、液晶左上にある「あべしカウンタ」が規定数に達することでAT突入となる。「あべし」は、あべし上乗せゾーン「天破の刻」で一気に上乗せされることもある。

AT継続の当否は「神拳勝舞」により行われる。基本的に1ゲーム完結のバトル演出が発生し、ケンシロウの勝利でAT継続。敗北してもAT中に獲得した「勝舞魂」の数だけ挑戦できる。

ゲームの流れ
AT突入契機は主に液晶左上の「あべしカウント」が規定数に達するとATに突入する「あべしステム」で、あべし上乗せゾーン「天破の刻」突入時は、あべし数の大量上乗せに期待できる。

ボーナス詳細機械割
設定 AT
1 1/355.7
2 1/341.6
3 1/320.9
4 1/279.3
5 1/251.1
6 1/237.6

各役払い出し

SPECIAL REPLAY

SPECIAL REPLAY

SPECIAL REPLAY

SPECIAL REPLAY

SPECIAL REPLAY

SPECIAL REPLAY

チェリー

2枚

スイカ

3枚

ベル

REPLAY

※中段揃い時は8枚 リプレイ

REPLAY

リプレイ

REPLAY

※この配当表は見た目上の一部になります

 

初打ちレクチャー
【通常時】1ゲーム毎に1あべしを獲得でき、あべしカウンタが規定数に達すればATに突入する。
【通常時】チャンス役成立時は、「天破の刻(あべし上乗せゾーン)」突入が期待できる。
【通常時】北斗揃いで、AT+「SPバトル(高継続率AT)」が確定する。
【AT】チャンス役成立時に「勝舞魂」獲得が期待でき、神拳図柄揃いで「百裂乱舞(勝舞魂上乗せゾーン)」が期待できる。
【AT】「百裂乱舞」中は1/1.1で「勝舞魂」の抽選が行われ、チャンス役成立時は「勝舞魂」の複数獲得が期待できる。
【AT】「神拳勝舞(AT継続バトル)」は1ゲーム完結。ケンシロウ勝利でAT継続、敗北しても「勝舞魂」の数だけチャレンジできる。
【AT】「SPバトル」は1セット15ゲームのATで、継続システムは継続抽選型(継続率77.7~90.0%)。ケンシロウが倒れない限り継続する。

「北斗の拳 転生の章 闘志の新たな火」

 

山田健太郎さんのレビュー (評価: 4.3/5)

「北斗の拳 転生の章」は、北斗シリーズの新たな進化を感じさせる一作です。ゲームプレイは簡単で覚えやすいが、深い戦略性を秘めています。特に新たに導入された転生システムは、キャラクターの成長に新たな可能性をもたらし、プレイヤーに長く夢中にさせます。個性的なキャラクターたちが物語を彩り、ファンにはたまらない作品となっています。

佐藤直樹さんのレビュー (評価: 4.9/5)

「北斗の拳 転生の章」は、シリーズの伝統を守りつつ、新しい要素を巧みに取り入れた素晴らしい作品です。ゲームプレイは非常にスムーズで、特に戦略的な要素が強調されています。キャラクター同士の連携や相性の考え方が、バトルに深みを与えています。また、グラフィックと音楽も高水準で、プレイヤーを没頭させること間違いなしです。

田中悠太さんのレビュー (評価: 3.8/5)

「北斗の拳 転生の章」は、シリーズファンにとっては期待に応える一作となるでしょう。ゲームプレイは楽しいが、初心者にはやや敷居が高いかもしれません。戦略的な要素は魅力的ですが、一部のプレイヤーにはやや複雑に感じられることもあります。ただし、物語やキャラクターの魅力に引き込まれることは間違いありません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

業界連盟:パチンコ 爆砕 パチンコ シュミレーター ゲーセン パチンコ k8 カジノ k8 カジノ k8 カジノ k8 カジノ k8 カジノ |